株式投資による仲介AIMING

日本円

株式投資を始めるには自分でインターネットを通じて証券会社を探して個人で登録し口座開設するか、もしくは証券会社に電話して証券会社のエージェントに仲介役になってもらい、エージェントによって口座開設してもらうことの2通りあります。
個人で株式投資を口座開設おこなった際に、会社の株を買うことで自分で管理と維持そしてAIMINGをしていかなければなりません。
それは、株の上がり下がりを見ていくことになり、ピンポイントで株を売買するのは、きわめて難しく容易なことではありません。
株の専門知識や企業の特徴など全てにおいて調べる必要があります。

逆に気に入った会社を株を買い、やり方がわからないまま株を放置してしまうと、株の値段が上がっていれば良いものの、逆に下がってしまっている場合、買った株の値段から値段が下がってしまい、損をしてしまう恐れがあります。
その点、証券会社のエージェントに仲介役になってもらい、自分が気に入った企業の株を買ってもらい、管理してもらいます。
それにより専門知識や企業情報を調べなくてもエージェントがピンポイントでAIMINGしてくれるので、安心して株の運用ができます。

しかし、プロに管理していただいている分、当然ながら仲介手数料という金額が発生してしまいます。
株で利益が出た分から仲介手数料が引かれてしまうので、気持ち的には損をした気分になってしまいますが、自分で運用するよりかは利益が出る分手数料を安いと捉えるか高いと捉えるかで大きな差が開きます。
株式投資を始める前に知識を習得し、自分で運用するのも一つの手ですので、まずはエージェントが仲介でまかせたあとに、やり方がわかった時点で自分で運用することもできます。