• ホーム
  • 投資詐欺の手口が予想以上に悪質

投資詐欺の手口が予想以上に悪質

スーツを着ている男女

近年、投資詐欺の被害が数多くなっており、十分な警戒が必要となっています。
この詐欺手法でターゲットとされやすいのは60歳以上の高齢者で、被害者の65%にも上っています。
投資詐欺は手を品を変え、様々な手法でターゲットを騙すように仕向けてきますので、その手口を把握して騙されないように気を付けるようにしましょう。
投資詐欺でよくある手口の例として、まず、未公開株の購入を持ち掛ける方法があります。

これから上場する企業の株を購入する話を持ち掛け、値上がりは確実なので安く買える機会を逃さないようにと促す方法です。
また、外貨購入を利用した詐欺の手口も存在します。
これは、発展途上国の発展を見越して外貨を購入するよう促し、発展後に外貨の価値が高まった時を狙って売却すれば利益が得られると促す方法です。
また、オレオレ詐欺でもよく使われる手法である、劇場型の手口も投資詐欺で用いられるものです。
例えば、特定の銘柄の株を購入するように話をして、次に他の会社の人間を装って代わりに特定の銘柄の株を代わりに購入してほしいと持ちかけます。

また、プロ向けのファンドと称して警戒心を解き、ターゲットを騙そうとする手口も存在しています。
こうした悪質な業者の投資詐欺を見抜くには、まず、勧誘業者が金融庁の登録をしているかを調べるようにしましょう。
ファンドへ出資するように勧誘が可能なのは、金融庁に登録されている業者だけです。
中には、金融庁等の官公庁との関係を匂わせて信頼性があるように装う場合もあるので、注意しましょう。

また、元本保証や利益確実等を銘打って、リスクがない事を強調する相手には気を付けましょう。
投資にはリスクが付き物で、利益が確定しているものはありません。
未公開株や私募債等の場合は、勧誘される事自体がおかしなものです。
これらは証券会社や銀行を通じて募集されるものだからです。