緑のカプセルと葉
病原菌

膣カンジダは、膣内・口内・消化管に存在する常在菌の増殖で発症します。カンジダにはいくつかの種類があり、ものによっては血液感染して命にかかわるものもあります。膣カンジダを引き起こす種類はそれとは違い、もともと体内に存在している常在菌的特性を持つものです。

増殖しなければ悪い存在ではありませんが、体の免疫力が落ちると増えて症状を引き起こします。免疫力を落とす原因には、疲労・ストレス・生活習慣の乱れ・風邪・他感染症・免疫疾患・月経周期・妊娠・陰部の多湿状態・関与する薬剤の服用(抗生剤・ステロイド剤・避妊ピルなど)があります。女性の約20%が一生に一度は膣カンジダを経験すると言われており、また再発を繰り返しやすい疾患です。

膣カンジダの症状には、酒粕状のおりもの・膣や外陰部のかゆみ・膣のヒリヒリした刺激感や熱感・外陰部の発疹や発赤・排尿痛・性交痛などです。どの症状が出るかは患部状態の進行度によりますが、最も出やすい症状は膣や外陰部のかゆみと酒粕状のおりものです。

この特徴的なおりものはカッテージチーズ状・ヨーグルト状・粥状とも言われ、白くて粘度が高くポロポロしています。特別な異臭はなく、あったとしても微量です。いずれにしても白くてポロポロしたおりものが出た時には、まず膣カンジダが疑われます。自分で対処法を考える前に、婦人科の医師に相談して専門的な見解と検査を受けてください。

かゆみに関しては外陰部から膣に近いほど発赤が増し、ただれを伴います。患部周辺に散在した点状の発赤が見られることもあります。かゆみの程度は人それぞれですが、多くの場合で強く不快な自覚症状になります。しかし、皮膚に生じるいずれの疾患でも言われるように決して掻いてはいけません。できる限り刺激は避けるべきです。

膣カンジダは常在菌が原因ですので、対処法には増殖させない工夫を取り入れる必要があります。まず、カンジダ菌は高温多湿の環境を好むため、通気性の良い綿素材の下着やゆとりのある洋服を着用して蒸れを防ぎましょう。汗を多量にかいた時にはできるだけ早めに衣類と下着を取り替える、あるいはお風呂に入って洗浄してください。

入浴後は全身の水気を優しく拭き取り、デリケートゾーンの水気もタオルでちゃんと取ります。使用したタオルは使い回しせず、すぐに洗濯機へ入れてください。洗濯は毎日しない方もいますが、症状が出ている時は可能な限り毎日洗濯することをおすすめします。そして、おりものシートやナプキンは、マメに交換して蒸れが起きないよう気を付けます。排便・排尿後の拭き取りは、カンジダ菌も含めた腸内菌が膣に感染しないよう前から後ろに行いましょう。