Interior construction

状況や希望に沿ったフロアコーティング会社を選ぶ方法とは?

きれいな状態が長持ちする

住宅の手入れが楽になる

ソファー

住宅を新築したりリフォームを行ったりした場合など、最初の段階でフロアコーティングを行っておくことで、その後のお手入れが楽になったり、きれいな状態を長持ちさせることができます。
フロアコーティングとはフローリングなどの床にあらかじめ特殊なコーティングを行うことで、使用している材質を保護して傷が付きにくいようにすることです。
例えば床に飲み物をこぼした時でも、フロアコーティングを行っていることで掃除もしやすく、飲み物のシミも残さないですみます。
また、室内でペットを飼っていても、床が傷つく心配はありません。
耐久年数が長いので、その間にメンテナンスを行うことも簡単になり、美しい状態を長持ちさせることが可能になります。
フロアコーティングは使用している材質などによって処置が異なってくるので、専門の業者に見てもらい、適切なフロアコーティングを行えるようにしましょう。
横浜で検討している方は、横浜でサービスを提供している専門業者を探すことから始まりますが、その場合は複数の業者にご自身がフロアコーティングで目的としている事柄をしっかりと伝えるようにしましょう。
そして施行方法と見積もりを依頼します。
業者によって方法や使用するフロアコーティングに使用するものが異なる場合があるので、比較検討することができ、ご自身で納得のいく方法で行えるからです。
横浜は住宅の数も多いため取扱業者も多く、検討材料が豊富なのもメリットになります。
フロアコーティングを目的に合わせてしっかりと行い、住宅をきれいな状態に保つと共に、横浜での生活を充実させるようにしましょう。

実績を参考にしましょう

床

横浜でマイホームの購入予定がある方におすすめなのがフロアコーティングです。
新築時は美しいツヤを放っているフローリングもそのままでは次第に色あせます。
この色あせを防ぐためにはこまめなワックスがけが必要ですが、室内に置いているソファーやテーブルなどを移動しての作業はとても大変です。
またワックスは乾燥するまでにしばらく時間がかかることにくわえ、長時間にわたってワックス独特の強いにおいが室内に漂う点も困りものです。
しかし新築時にフロアコーティングを施工しておけば、定期的なワックスがけの作業や作業時に漂う独特な嫌な臭いからも解放されます。
このフロアコーティングにはガラスコーティングやUVコーティングをはじめ、シリコンコーティングやウレタンコーティングなど様々な種類があります。
それぞれのフロアコーティングによって特徴や持続性などが異なるので、施工を希望する際はあらかじめコーティングの特性などを把握しておきましょう。
フロアコーティングはマイホーム購入時に建築会社に依頼する方法もありますが、施工には高い技術が求められるので専門店に依頼するのがおすすめです。
横浜にはこのフロアコーティングの施工専門店が数多くあります。
そのため依頼先をどこにするかで迷ってしまう方も少なくありません。
そこで施工を依頼する専門店選びで迷ったときはショールームで相談しましょう。
横浜のショールームではフロアコーティングの施工業者を紹介しています。
ショールームで相談すれば横浜で活動している質の高い専門業者を複数紹介してもらえるほか、そのまま手続きをして申し込むことも可能です。

シリコン系やガラス系塗料

床に寝そべる子供

海に面している上に気候が温暖な横浜では、住宅の床が湿気や熱の影響を多く受けます。
特に木製のフローリングはデリケートなので、湿気を吸収したり熱で膨張したりすることで、変形しやすいと言えます。
そのことから横浜では、しばしばフローリングの張替え工事が行われています。
ところがフロアコーティングをすれば、フローリングでのこういったトラブルが防がれやすくなります。
なぜならフロアコーティングで使用する塗料には、湿気や熱をシャットアウトする性質があるからです。
特にシリコン系とガラス系の塗料を使ったフロアコーティングは、横浜では人気となっています。
どちらも水を通過させない素材なので、塗った後は湿気はもちろん、こぼした水なども、フローリングに吸収される心配がなくなるのです。
また耐熱性があるため、夏に室温が上昇しても、冬に暖房で室内を温めても、膨張するほどフローリングは熱されずに済みます。
さらにどちらの塗料にも、多くの場合は紫外線カット剤が配合されています。
そのため塗れば、紫外線によるフローリングの色褪せも防がれやすくなります。
つまり新築時のフローリングの美しい色合いが、長続きしやすくなるということです。
このようにメリットが多数あるため、これらの塗料は横浜で重宝されているのです。
フローリングだけでなく、風呂やトイレなどの水回りのフロアコーティングにも使われています。
使用により、水垢やカビなどによるトラブルの防止も可能となるのです。